テーマ:伝統工芸

しめ縄づくり

高館山少年教室のしめ縄づくり。 大山コミセンで、尾浦大学の諸先輩と一緒に頑張っていた。 先生のの作品。これを目指します( `ー´)ノ 子どもたちの完成品\(^o^)/ こんなしめ縄で正月を迎えるのも、いいな。

続きを読むread more

国登録有形文化財の町内公民館

大山の安良町公民館8旧鶴岡警察署大山分署 国登録有形文化財)が何やら化粧直ししたようにずいぶんとキレイになった。 毎日のように前を通っていたが、正面から見ることがなかったので気づかなかったのか。 壁や柱がずいぶんとキレイになったような気がする。 国登録文化財を公民館にして使っている町内会も珍しいだろうが、維持管理も大変…

続きを読むread more

高館山少年教室 おおやまのまち探検

少年教室のウォークラリー「おおやまのまち探検」 小学生が問題をときながら大山の中を探検します。今回は工場見学も。 子供たちや保護者ボランティアなど100名近い人が二手に分かれて歩きました。 私は生涯学習推進員でお手伝い(^^)/ 漬物屋さん「本長」 JRのツアーと並んで歓迎の看板。 地元、大山産の「真瓜」の漬け込みを見学…

続きを読むread more

庄内竿を入手しました

別件でリサイクルショップに行った際、ふと、目を向けると、釣竿立てに「庄内竿」が。 中通しなしの三本繋ぎが一振りと中通しのリール付き数振り。 リールつきは4000-5000。リールなしは、なんと980。 値段の差は単にリールの金額?数字やお金で判断するとそうなるのでしょうが、良くわからん価値観の違いです。 以前から、「庄内竿」…

続きを読むread more

物産大店でがんす 初売り

物産大店「でがんす」の初売りは新年3日から。 同時に、伝統工芸「竹塗り展」も3日から14日まで。 竹塗りの鈴木さんには、珍しく本業でお世話になりましたm(__)m 来年もよろしく。 翌週には、銀座通りで日本海寒鱈祭りが開催され、さらに2月には、大山「新酒・酒蔵祭り」とイベント目白押し。 炬燵に入っている場合ではな~~~…

続きを読むread more

伝統的工芸品 しな織展

物産大店「でがんす」から「しな織展」の案内が届きました。 2012年6月22日(金)~7月9日(月)の期間 関川しな織協同組合と、以前、おせわになった 「シャポーすだ」 さんも共催です。 関川のしな織センターも行って見ると面白いです。 山深いところですが、原風景の中に暮らしがあるところです。 しな織と聞くと、 「…

続きを読むread more

つるおか 雛めぐり

「お雛はん 魅さへ~」のノボリが目印のイベントが始まりました。 物産大店「でがんす」さんのお雛様 お内裏様の位置が反対なのが面白いです。 全体 そして雛菓子 お雛様には必須です 鶴岡の3地区から3つのスタンプをもらうと手ぬぐいがもらえるそうです 昨年は、仕事の関係でいろんなお店に入って、見てまわりました。 結構…

続きを読むread more

でがんす初売り、竹塗り展

物産大店「でがんす」さんより案内が届きました。 新春初売りと「竹塗り展」 「竹塗り展」は二人の名人と、竹塗り教室の方たち。 「竹塗り」は、竹を塗るのではなく、木地に「磁の粉(漢字が正しいかは分かりません)」を盛り、「漆」で竹のように塗り上げる。 江戸の「侍の粋」が息づいている伝統工芸です。 詳しくはググッテくださいm(…

続きを読むread more

つるおかの伝統工芸品製作体験

物産大店「でがんす」で、つるおかの伝統工芸製作体験。 小林ろうそくさんの指導で、絵ろうそく作り 参加は出来ませんでしたが、準備の段階をのぞいてきました。 次回は9月18日の予定とか。 体験して見たいのですが、日程が・・・m(__)m 御殿まり作りと交互に9月、10月に数回開催されるらしいです。 お問い…

続きを読むread more

「ぼくのこうぼう」11歳展

米山さんの「ぼくのこうぼう」が11歳の展示会を羽黒の松ヶ丘で開催され、見に行ってきました。 この椅子に揺られて、爆睡したい女性が多い。(米山談 笑^_^;) 米山さんは、以前、デザインや環具の開発でお世話になった方で、庄内の材を使って家具を作っている方す。我が家の母親より年長ですが、いまだに勉強に投資しているとおっしゃっていまし…

続きを読むread more

伝統工芸 「しな織展」

しなの木の皮を使って織った「しな織」 鶴岡市の 物産大店「でがんす」 で伝統工芸しな織展として開催中。 期間は7月4日(月)まで。 バッグから帽子と多彩です こんな財布だと御札も喜ぶかも・・・・ これもったら、どっかに出かけたくなりそう。 手ごろな御値段の小物もいっぱいありました。 このあたりは、夏向き…

続きを読むread more

鶴岡漆器 竹塗り展

物産大店「でがんす」で1月3日より開催予定の「竹塗り展」 年明けを前に、準備が整ったようです。 「竹塗り」を伝承されている、佐藤さん、鈴木さんの両氏による竹塗りの数々が展示してあります (竹に塗っているのではありません、竹の模様を漆で表現しているのです) お盆、花台、硯箱、茶道具入れ等等、身近な生活用具を粋に使う。 「民藝…

続きを読むread more

鶴岡漆器 竹塗り展 予告

2010年の新春 1月3日(日)~11日(月)の期間で、 鶴岡漆器 竹塗りの展示会が、物産大店「でがんす」で開催されます。 鶴岡の伝統工芸で、竹の節や模様を漆で表現した漆器の数々が展示・販売されます。 箸などの小物から、お盆や硯箱等等が展示されると聞いています。一見の価値ありかとm(__)m 我が家にも昭和初期の竹塗り盆が残…

続きを読むread more

Partⅶ さとうとしなお 切り絵展

鶴岡市在住の「さとう としなお」さんの切り絵展が「ふれあいギャラリー鶴岡」で開催されています。 この案内はモノクロですが、展示してある作品は背景に色がついており、立体的で影がとっても印象深い作品でした。 影を付けたり、色使いによる空気遠近法で、切り絵に奥行きが生まれるのだなと言うことを感じさせてくれる作品でした。 尚、「さとう…

続きを読むread more

庄内の地杉と地桐の道具展by米山さん

「庄内つなぎの会」で一緒に製品開発をしていた、私の「木の師匠・米山さん」の道具・家具の展示会が鶴岡NHKギャラリーで開催されています。11月3日から8日まで。時間は10時~17時まで。最終日8日は15時まで。 「庄内の地杉と地桐の道具展」として、庄内に生きた木材、「温海杉」、「鳥海の桐」、「温海桐」を使った、「道具」「家具」の展示…

続きを読むread more

竹塗工芸 しな織 合同作品展

鶴岡市の「けやきホール」で「竹塗工芸 しな織 合同作品展」が開催されました。 「竹塗」は竹の節を漆で表現した工芸品(竹を貼った訳ではありません) しな織は、科の木の皮から繊維を取り出し機織したもの。 竹塗は、三人の職人さんと竹塗り教室の皆さんの作品。 しな織は、「シャポーすだ」さんと関川のしな織。 昨年に続き、今…

続きを読むread more

庄内つなぎの会が解散しました

平成14年から続いていた「庄内つなぎの会」が3月6日に解散いたしました。 庄内総合支庁産業企画課よりの声掛けで、庄内の建具屋、デザイナー、山形県工業技術センター庄内試験場が産学官連携で製品開発をしてまいりました。 その間、沢山の新製品が生まれましたので、ひとまず、活動を終えて解散となりました。 長い期間の活動で、木や木材ののイ…

続きを読むread more

庄内・手技の仕事展 御礼

庄内・手技の仕事展が無事終了しました。22日間と言う長い会期で、2000人からの方たちからご来場いただけたようです。 ご来場、応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。 最終日の会場の様子。最後まで来場者が絶えず、大盛況でした。 「この地にあるものを、この地にいる人たちが手をかけ、この地の人たちが感じる。」 とても大事な…

続きを読むread more

庄内・手技の仕事展 羽黒の松ヶ岡「ギャラリーまつ」

羽黒の松ヶ岡「ギャラリーまつ」で、2月3日~27の期間 「庄内・手技の仕事展」が開催されています。展示品は木工家具、組子家具・照明、刺し子、科織、捺染、古布再生、布ぞうり、彫りもの、竹塗り漆器等など。 会場入り口 一翆苑の二階左側が展示会場になっています 展示品の紹介。 黒柿細工の茶箪笥と組子建具 庄内刺し子と科織の数々 …

続きを読むread more

庄内・手技の仕事展 案内

2月3日~27日の期間で、「庄内・手技の仕事展」が開催されます。 場所は、鶴岡市羽黒松ヶ岡の「ギャラリーまつ」 科織、竹塗り、組子、捺染、木工、刺し子、古布再生等、庄内地区の手技の製品を展示即売します。 この地の物をこの地の人がデザインし、加工した、環境に優しい製品が集まっています。 庄内の伝統工芸における、「その道では、知る人…

続きを読むread more

庄内の伝統工芸展 致道博物館

鶴岡市の致道博物館で11/14~12/7の期間で「庄内の伝統工芸展」が開催されたので見学に行ってきました。 展示会場内は撮影できませんのでパンフレットをUP。物産大店「でがんす」前の案内看板 漆工芸、竹塗り、磯草塗り、黒柿細工、船箪笥、金工、竹細工と、庄内における伝統的な工芸品の創始者作品から伝承している現役の製作者まで、沢山展示し…

続きを読むread more

「庄内つなぎの会」の建具屋さん 産業フェア庄内2008

産業フェア庄内2008に「庄内つなぎの会」の建具屋さんが出展していました。木で作った本物の建具は来場者の目を引いていました。 川越建具さんの組子の建具 福増建具さんの組子の建具 どちらの建具も気の遠くなるような作業と根気が、何よりも職人の技術がありありと感じられます。大地のエネルギーで育った木を丁寧に丁寧に生かした製品だと思います…

続きを読むread more

明治の学童椅子(イス)大正の学童椅子(イス)

第四回環具展にいらっしゃった、鶴岡市下川の女性が、かつて大山小学校で使われていた明治時代の学童椅子と大正時代の学童椅子を会場に持ってきて見せてくださいました。 左が明治の学童椅子120年以上経っています 右が大正の学童椅子90年以上経っています 明治の椅子の座面は1枚の板、大正の椅子は4枚の板になっています。 側面からは大…

続きを読むread more

家具・建具「第4回環具展」展示会の様子

10月29日~11月3日の期間で鶴岡市のけやきホールにおいて「庄内つなぎの会」の「第4回環具展」が「庄内の木を組む」をテーマに開催されます。 その会場の展示の様子です。職人の技術の粋を集めた製品の数々で、今回は机や椅子の展示品が多くなっています。当然、建具もあります。 庄内の地杉をメインに使用し、庄内の建具・木工…

続きを読むread more

第38回山形県建具展示会

10月25.26に遊佐の農業者トレーニングセンターで第38回の山形県建具展示会が開催されました。庄内では20年ぶりの開催とか。 職人の技の粋を集めたような驚愕の展示会でした。 庄内つなぎの会のメンバーの製品も多数展示されていて、それぞれ、表彰されていました。 中には黒柿細工の文箱も。材料の黒柿もかなり少なくなり、とても…

続きを読むread more

家具・建具 「第四回環具展」開催の案内

展示会テーマ 「庄内の 木を組む」 この地に育った杉や木が息づく家具と建具、そして環具 10月29日~11月3日 鶴岡市のけやきホールで第4回目の環具展が開催されます。 山形県庄内地区在住のデザイナーと建具、木工の職人さん達とが協同で商品開発をしている「庄内つなぎの会」の展示発表会で、私も参加しています(ちなみにこの展示会テーマ…

続きを読むread more

庄内の心とかたち展(山形デザインハウス)

山形市七日町ナナビーンズ2Fにある「山形デザインハウス」で「庄内の心とかたち展」が開かれますので、出展の飾り付けをしてまいりました。 「伝統の技とデザイン」と題して9/12~24の期間で展示販売会です。私のデザインした製品も展示してあります。 刺子、建具、科織、竹塗、綴織(つづれおり)、木工、捺染の製品です。どれも業界では山形県…

続きを読むread more

竹塗り 科織(しなおり) 展示会

6月27日~30日までの期間で鶴岡の「けやきホール」で竹塗りと科織の合同展示会があり、その準備を手伝ってきました。竹塗りも科織も鶴岡の伝統工芸です。一緒の展示会は初めてかと思いますが、とても素敵な展示会になりそうです。 竹塗りは漆で竹の模様を盛り上げて表現したもので、鶴岡でしか作っていません。科織は科の木の皮から取った糸で布を織り、鶴…

続きを読むread more