正月用のシノコダイ

チョッと時間があったので海へ。 車で10分で到着。 が、加茂は豆ふぐで釣りにならず、油戸へ。 とりあえず、正月用の一部を確保。 そして、素焼き。 これを干して保存。 正月の雑煮の出汁に使うのと、油で揚げて砂糖醤油でお節に。 時間を見つけて、もう、2~3回は通わねば(^^ゞ

続きを読むread more

ほとりあのバケツ稲 その2

休みのため、当番で「ほとりあ」のバケツ稲管理に。 この数日の大雨で、水足しは数鉢だけでほとんど手も掛けず(^^ゞ。 どの稲も順調に茎や葉を伸ばしてスクスク育っていましたが、実りの兆候は・・・。 1本だけ茎の中ほどに実が出ていましたが、 こんなところに実るんだっけ? まあ、良しとしよう。 大雨の影響で、都沢湿地…

続きを読むread more

夏の定番 冷やしシャンプー

なじみの床屋 カットインKanbayashiさんで今年も「冷やしシャンプーはじめました」の幟が。 今年の幟には 山形県産さくらんぼエキス が入ったと。 どんな効果があるのかは聞かないでしまいましたが、山形産が良いではないですか。 「ブロック氷(冷やしシャンプーを凍らせたもの)」でシャンプーしてもらいました。 洗ってもらう…

続きを読むread more

大山祭り 御鉾建の準備

来年は、自分の住む町内が12年に1回巡ってくる、「大山祭り」の頭屋。 明日、7月5日は、公民館に「八尋鉾椙尾大神(やひろほこすぎおのおおかみ)」の「御鉾様」がおいでになり、一年間お奉りいたします。 明日の神事の準備で公民館に集合です。 神様が納まる「御仮殿(おかりや)」 一年間、毎朝、ご飯を供えて拝みます。 神事会場、公…

続きを読むread more

バケツの稲、ほとりあの麓でスクスク。

高館山少年教室で植えたもち米の苗が、バケツでスクスク育っています。 「ほとりあ」の麓においてあり、普段は職員さんが水かけをしてくれているのですが、火曜日は休館のため当番で水かけ。 いって見たら、先に水をかけてくれた人がいたようです。 でも、せっかく来たので、水の追加を(使えないボラです(ToT) 稲も茎が太くなり、ずいぶん背…

続きを読むread more

初夏に向けて

大山の下池。 初夏に向けて緑濃くなった山々が水面にきれいです。 夏の蓮の時期でもないと、ここはとても静かな場所です。 蓮の新芽も10cmくらいになって出始めました。 底まで光が届く水深の浅い池です。 駐車場と反対側にある、睡蓮も咲き始め。 蓮だけでなく、こちらもお勧めです。 それにしても、遊歩道…

続きを読むread more

大山祭り 幟立て

来年はうちの町内が12年に1回の頭屋を務めますので、幟旗を新規に作りました。 本日は、早朝に公民館で幟立て。 10m以上の長さがあります。その幟をつける長木は2年がかりで見つけたと棟梁が言っておりました。 町内の若手消防団員たちも手伝ってくれて、みごとに立ちました。 いまどきガラケーの画像ですが・・・・・・・。 6月5…

続きを読むread more

山笑う 徒然。

5月後半になって、暖かくなってきました。 緑濃くなってきた上池に散策に。 早春の花はなくなっていましたが、木々の花がたくさん咲いていました。 ヤマツツジ タニウツギ 天を突くかのごとき フジ 山菜もたくさん出ていましたが、今は採らずに撮るだけ。 湖畔の散策路にはゼフィルスが。ベニ…

続きを読むread more

高館山少年教室 もち米の田植え

今年も始まった高館山少年教室。 「ほとりあ」の「どろんこ広場」でもち米の田植え。ですが、メインは、これかな? 泥の中に入るのはあまり体験が出来ないので、なんたって、楽しい! 恐る恐るの歩みながら、不思議と転ぶ子がいなかった。 「どろんこ広場」に直接苗を植えずに、バケツに泥を取り、植え付け。 バケツには一緒に捕まえた…

続きを読むread more

大山公園 今年は連休まで桜が見れそう

今年は春が寒いせいか、大山公園(太平山)の桜が5月の連休まで見れそうです。 散る花びらの中を歩くようになるのかな?満開の桜もいいですが、花吹雪の中を歩くのも良い風情かと。 盃に受けて、昼酒をいただく等出来たら、最高のだんな遊びかと・・・私には100年早い行為ですが(ToT) 駐車場脇のこぶしの花は少々茶色くなってい…

続きを読むread more

山形県縦断駅伝 大山中継所

雨と強風の中、山形県縦断駅伝、初日。 大山中継所は、体協の人や自治会職員などで運営。観察員でお手伝いに。 選手もアップに余念がなく、空気も引き締まります。 選手達が走る国道(大山街道)。 ここを駆け抜けていきました。 交通整理をしていたために、力走中は撮影できず画像はありませんm(__)m が、選…

続きを読むread more

春を食す

近くのお寺で採ってきた「野ニンジン」 葉っぱが似ているのでニンジンという名前がついていますが、匂いはセリの仲間? さっと湯がいて、胡麻和えにしていただきました。 チョッと胡麻が少ないようですが、男の料理は御愛嬌(^^ゞ 香りがきついので好き嫌いはあるでしょうが、私には、春のごっつお。この野草が春を食す「旬の堪能」の始まりです…

続きを読むread more

鶴岡のひな祭り

鶴岡は四月三日がひな祭り。 我が家も飾りましたが、こちらは物産大店「でがんす」 「お雛様みさへ~」の真っ最中。 練り切りの雛菓子や造り酒屋の甘酒などがならんでいました。 こちらは練り切りの「御殿まり」「鯛」「桜」 職人技の艶やかさです。 本日は東風(出し風)の吹く、春の小雪。 寒いですが、この風…

続きを読むread more

春ももうすぐ

3年連続で大雪に見舞われましたが、快晴の彼岸前。 大山から右斜め前に見える 月山 左斜め前に見える山形県唯一の単独峰 鳥海山 田んぼの雪も消えて、ハクチョウが池の近くで食事できるようになりました。 そろそろ北帰行の時期です。 庭の草木の芽も膨らんできました。 バンケもでてきて、てんぷらで一杯が出来…

続きを読むread more

大山 新酒・酒蔵まつり 酒林が飾られた

来週は、大山 新酒・酒蔵まつり 新酒が出来た!の知らせ、酒林が飾られました。 大山コミュニティーセンター玄関 出羽商工会大山支部の玄関 他にも、各蔵元に飾られているはずですが、ローリングしていないので画像は・・・ありません。 何回か観光ボランティアとして、お客さん達を案内しましたが、酒蔵で搾りたてをいただくと、見知…

続きを読むread more

由良の岩海苔をもらった

由良に住む友人から本場の岩のりをもらった。 真っ黒で、つやつや。 浜のアバさんたちが海苔付け場で一生懸命採った冬の食材。 我が家レベルでは中々本物にはありつけませんので、夕食は急遽、「どんがら汁」に。 「由良鱈」とは行かないので、スーパーで買うしかないのですが、最近は「どんがら」よりも切り身のほうが多いようなパックですな…

続きを読むread more

庄内竿を入手しました

別件でリサイクルショップに行った際、ふと、目を向けると、釣竿立てに「庄内竿」が。 中通しなしの三本繋ぎが一振りと中通しのリール付き数振り。 リールつきは4000-5000。リールなしは、なんと980。 値段の差は単にリールの金額?数字やお金で判断するとそうなるのでしょうが、良くわからん価値観の違いです。 以前から、「庄内竿」…

続きを読むread more

物産大店でがんす 初売り

物産大店「でがんす」の初売りは新年3日から。 同時に、伝統工芸「竹塗り展」も3日から14日まで。 竹塗りの鈴木さんには、珍しく本業でお世話になりましたm(__)m 来年もよろしく。 翌週には、銀座通りで日本海寒鱈祭りが開催され、さらに2月には、大山「新酒・酒蔵祭り」とイベント目白押し。 炬燵に入っている場合ではな~~~…

続きを読むread more

師走のきりさんしょ

物産大店「でがんす」さんに伺ったとき、鶴岡の師走のお菓子「きりさんしょ(切り山椒?)が出ていました。 これが出ると、やっぱり師走。 観音様の日の12/17、七日町観音のだるま市の日あたりに食べます。 それゆえに、賞味期限と思われる日付は24.12.18。 思わず、「上手い!」と一言。 大山人の私は、食した記憶があま…

続きを読むread more

高館山少年教室 下池遊歩道チップまき ほとりあ里山マルシェ

高館山少年教室でのボランティア活動で、下池遊歩道に間伐材のチップをまき、整備しました。 小学生たちが一生懸命、ボランティア活動。 大山公園を保全するためのボランティアさん達と一緒の活動です(終了後のメンバー)。 その後、少年教室は、クリスマスリースの材料集めに、太平山に。 収穫です。 太平山には大きなサツキがあって…

続きを読むread more

下池に白鳥が飛来しました

今年も下池にハクチョウが渡って来ました。 私は勤務でしたが、休日だった家の嫁さんが、下池の遊歩道を歩きながら写してきました。 今年は一気に、ずいぶんたくさん渡って来たようで、池のほとりに住む宮川さんの談話が、荘内日報の記事に載っていました。 嫁さんが、下池まで行って白鳥を見つけ、「これは写さねば!」と思い、わざわざ家ま…

続きを読むread more

遊歩道のギョリンソウ(銀竜草)

ギョリンソウを初めて見つけました。 腐葉土→キノコ→ギョリンソウの順番で栄養をもらい成長するらしいので、条件のそろった大地にしか生えないらしいです。 盗掘が心配なくらい、誰でも見つけられるところにポツンと咲いていました。 撮っても良いが、採るのはいかんぞ(-_-;) 後ろに手が回るゼイ!(この意味分からんかな?) 茎も花…

続きを読むread more

下池遊歩道も秋の気配

庄内平野の稲刈りも終盤になり、田んぼもすっかり「ひこばえ」状態。 久しぶりに、下池の遊歩道を歩いて見ると、そこかしこに秋がゴロゴロ。 なにやら怪しげな「きのこ」なぞも。 カモ類も渡っていました。 紅葉はまだまだですが、季節は巡ります。

続きを読むread more

庄内平野も秋の気配

9月に入り、やっと寝苦しさから開放されつつあります。 とはいえ、日中は残暑厳しく、高館山はいまだ青々としています。 そんな中、田んぼは色付き始めました。 秋はもうすぐ。 田んぼの周りにはイナゴがたくさん。 (よく探して見てください)(^^ゞ 佃煮にすることもなくなりましたが、一杯います。 夏の名残の盆花も色あせてきま…

続きを読むread more

鶴岡市営第二体育館がなくなりました

鶴岡市営第二体育館。 自分にとっては、鶴岡市 代々木第二体育館。聖地とまでは行かないものの、青春を楽しませてもらった体育館でした。 国体予選やAllJapan、クラブ選手権、田川選手権、ナイターバスケと、事ある大会のたびにアスリートしていました。 最後に汗かいたのは、昨年の夏?かな(プレイヤーではありませんでしたが(^^ゞ。) …

続きを読むread more

上池の蓮、咲いています

今年も上池の蓮が咲いています。 池の水が多かったりして、咲かない年もあるのですが、今年はそこそこに。 池を埋め尽くすほどではありませんが、半分ぐらいは蓮が出ています。 開いた花から、つぼみまで色々ですので、まだまだ楽しめます。 中には、ジョロになったものも。 12日には池のほとりで、浮き草組合の方たちが蓮の花を…

続きを読むread more

イネの花とだだちゃ豆

夏、真っ盛り。 8月に入り、イネの花が咲き出しました。 秋の実りに大事な時期です。 そして、だだちゃ豆の収穫も始まり、畑を見るだけで「ビ~~~ル!!(^^)v」 昨年、一昨年と「作が悪りぐで」困りましたが、今年は良い出来とか。 枝豆は土から抜くと時間がたつにつれグルタミン酸が抜けてきて旨みが減ってしまうので、とれた…

続きを読むread more

庄内地方梅雨明け

空梅雨気味だった天気も夏に向かって梅雨明けとなりました。 とはいえ、本日は曇天、蒸し蒸し。 夏野菜は、成長中ですが、春キャベツに次々と青虫がついて、収穫の時期を逸したために刈れずにそのままに。 現在も数匹、給食中。 田んぼの消毒も最近はこれ。葉が湿っているうちが効き目があるとか。 これから、稲の花が咲きます。そして…

続きを読むread more

空梅雨です 野菜もへたっています

今年は梅雨時なのに、好天が続いていました。 好天のためか、昨日ゲットした「桑の葉」はみずみずしかったです。 が、「木」ではなく、「草」である、畑の野菜はへたり気味。 少品種、少量生産ですが、畑の夏野菜も水が欲しかろう。 現在、キャベツは青虫が給食中 とうもろこしはアブラムシが給食中。 ただし、天敵も給食中。 実りも着々…

続きを読むread more

「かいこ」の桑の葉ゲット

鶴岡シルクタウンプロジェクトとやらで、職場に「カイコ」をたくさん預かっているのですが、桑の葉の配給が滞り、困っていました。消毒してある桑の葉は使えないとか。 ふと思いついた、下池のほとりに住む、写真家さん。 自宅に大きな桑の木があって、自然写真家であり、自然保護区のぞばだから、消毒はしていないのでは、、、、。 そこで、昨日、職…

続きを読むread more

伝統的工芸品 しな織展

物産大店「でがんす」から「しな織展」の案内が届きました。 2012年6月22日(金)~7月9日(月)の期間 関川しな織協同組合と、以前、おせわになった 「シャポーすだ」 さんも共催です。 関川のしな織センターも行って見ると面白いです。 山深いところですが、原風景の中に暮らしがあるところです。 しな織と聞くと、 「…

続きを読むread more

冷やしシャンプー始めました

行きつけの床屋さん カットイン上林 本日より、冷やしシャンプー始めました。 今年は「激」「爽」「涼」と3段階。 どれにします。と、聞かれましたが、程度が分からないので、「普通の。」と、訳の分からん答えで普通の冷やしシャンプーをしてもらいました。 どのレベルだったかは分かりませんが、やっぱ、気持ちい!! 今年も、省エ…

続きを読むread more

高館山少年教室開校式

今年も高館山少年教室が始まりました。第41回目。 新調した看板 今年の開校式は「ほとりあ」で行い、そのまま「ほとりあ」の見学と、ネイチャーゲーム。 ネイチャーゲームの途中で見つけた怪しい物体 細長いゼラチン状の中に黒い粒々が。なんかの卵? ただいま、検索中です。 ネーチャーゲームでは、ウシガエルや…

続きを読むread more

遅い田植えが始まりました

ここ大山でもやっと田植えが始まりました。 早い年は連休中に始まるのですが、一週間は遅れたでしょうか。 田んぼに苗が置かれ、やっと田植え機が動き始めました。 水を張った田んぼにはウミネコが餌を捕りに来ています。 高館山を越えて海から来ているのですが、同じ苗代にしかいません。 餌のあるところが決まっているのかな…

続きを読むread more

自然学習交流館を視て来ました

鶴岡市自然交流館の開館は4月23日ですが、様子を見に行ったら中を見れたので入ってきました。 入り口の吹き抜けと薪ストーブ 小学生たちが1クラス入れるように考えられたスペースの学習室 杉と思われる材料がたくさん使われていました。 展望室からの太平山 雑木を切り倒し、公園当初の景観に戻しているところですが、賛否が山…

続きを読むread more

そろそろ花見だんご

物産大店「でがんす」の春の菓子祭り 今日が最終日ですがm(__)m 鶴岡のお雛様を彩る「練り切り」と干菓子 旧暦のひな祭りが終わると、そろそろ花見の雰囲気が。 謹栄堂さんの花見だんご 絹入りが売りだそうです 他に「あんだま」も実演販売していました その横に、笹巻 でがんすの一角に、鶴岡の三月.四月.五月と春…

続きを読むread more

雪の高館山

春の彼岸というのに雪です。 高館山がキレイに映えていました。 水墨画というより少し色のついた山水のよう。 下池の氷も解けて、カモたちが浮かんでいました。 そんな中を地元の、「自然観察員」さん二人が、池の周りを見回っていました。 雪の日にご苦労様です。こんな巡回が、高館山周辺や池の周りの自然を守ってくれているのだと思います。…

続きを読むread more

春の色が見えはじめました

大雪に見舞われたこの冬。 それでも春はそこかしこに。 下池脇の正法寺さんのヤブツバキも、膨らんできました。 吹雪にたたかれた様子が花びらにも残っています。 家の庭にもバンケが出ていました。 食べられますが、観賞用にm(__)m いろんな色が見えはじめ、春が始まります。 閑話休題 例年のごとく春先の腰痛で、…

続きを読むread more

鶴岡市自然学習交流館が出来てきました

大山の下池のほとりに鶴岡市自然学習交流館が出来てきました。 4月1日開館予定だそうです。 春とともに、子ども達がたくさん楽しみに来てくれるとうれしいです(^^ゞ 子ども達に、「このままの地球を渡す」くらいの心意気で、地球防衛基地的な自然学習交流館になるといいですね。

続きを読むread more

つるおか 雛めぐり

「お雛はん 魅さへ~」のノボリが目印のイベントが始まりました。 物産大店「でがんす」さんのお雛様 お内裏様の位置が反対なのが面白いです。 全体 そして雛菓子 お雛様には必須です 鶴岡の3地区から3つのスタンプをもらうと手ぬぐいがもらえるそうです 昨年は、仕事の関係でいろんなお店に入って、見てまわりました。 結構…

続きを読むread more

上池、下池 全面結氷?

今年の大雪と寒波で、「上池」と「下池」が凍ってしまったようです。 上池 下池 凍っていないときは沢山のカモやハクチョウたちがいるのですが、サッパリ見当たりません。 凍っていない水辺を探して移動したのかもしれません。 餌をついばむには、雪のない田んぼでないと出来ませんし。 この一帯は、渡り鳥が沢山来ることでラムサール登録湿…

続きを読むread more

大山小学校西校舎(おまる学校)の解体が始まりました

大山の子ども達がたくさん巣立った、「西校舎(おまる校舎)」の解体が始まっていました。 外壁に足場も組まれ、内部はすでに工事が。 耐震性の問題とのことで取り壊すことになったそうです。 思い出と歴史が一杯詰まった校舎でした。 さびしいですが、長い間ありがとうm(__)mです。 旧大山中学校の体育館も更地になり …

続きを読むread more

寒中の街路樹剪定

先週までは穏かだったのが、一転して大荒れの大寒に。車もライトを点けて走行。 そんな中、「大山街道」の街路樹のイチョウを剪定していました。 ○○造園の皆さんでしたが、この天気に大変そうでした。 伸ばしっぱなしだと電線に悪さをするので切っているのだろうか。? この時期に切ると春に新しい枝が出やすいのだろうか?などと色々めぐらして…

続きを読むread more

大山園芸クラブ 寒梅展

大山コミセンで「寒梅展」開催中です。 園芸クラブのl皆さんが丹精込めて育てたみごとな寒梅 白梅、紅梅、黄梅と色鮮やかです。 毎年、展示会に合わせて花が咲くように仕立てているそうです。見事でした。 どこかで、「花も人も手を掛けなければダメ。手を掛けすぎてもダメ。」などと聞いたことがあるような・・・・と、思いつつ眺め…

続きを読むread more

穏やかな大寒です

クリスマス寒波から年明けの寒波まで寒さが続きました。 横殴りの地吹雪と雪で大騒ぎでした。 ここに来て穏やかな天気になり、静かな大寒です。 鶴岡駅前の道路 もっとも、このまま春になるとは思いません。一荒れも二荒れもあるでしょうが。 穏やかとはいえ、「大寒」 寒鱈のチラシや食べた話を耳にします。 魚屋でもでかい「鱈」が並…

続きを読むread more

第17回大山新酒酒蔵まつり 案内

17回を数えました、新酒酒蔵まつり。 観光ボランティアで協力せいとの話をいただきましたが、仕事と重なり、参加できません。 悪しからず、御容赦ください。 観光業者でパックを組んでいる新聞広告も見受けられ、ずいぶんと注目される企画になりました。 当日は、「大山」全体ががいいにおいで充満します^_^; 500円のスタ…

続きを読むread more

暖冬伝説:低いところにカマキリの卵

年前の寒波も終わり、穏やかな年明け。 今年は「じょろ」が多かったので雪が多いといわれていましたが、 オオカマキリの卵が低いところに付いていました。 近所の商工会の八重桜の根元。地上から25cmくらいかな? カマキリの卵が高く付くと大雪、低く付くと雪が少ないという言い伝えもあります。 25cmくらいなので、大雪にはならないの…

続きを読むread more

でがんす初売り、竹塗り展

物産大店「でがんす」さんより案内が届きました。 新春初売りと「竹塗り展」 「竹塗り展」は二人の名人と、竹塗り教室の方たち。 「竹塗り」は、竹を塗るのではなく、木地に「磁の粉(漢字が正しいかは分かりません)」を盛り、「漆」で竹のように塗り上げる。 江戸の「侍の粋」が息づいている伝統工芸です。 詳しくはググッテくださいm(…

続きを読むread more

寒波も一休み

誰が名づけたか、「クリスマス寒波」 ん~~。「んまい!」ネーミングです。(庄内弁は、上手な上手いは「んまい」 美味しい旨いは「んめ」と微妙に・・・) 一息ついたようで、久しぶりに日が射します。 鶴岡旧市街地の東側あたりはかなり積もりましたが大山はそれほどの大雪にはなりませんでした。 大山街道の除雪も完璧でした。 穏やか…

続きを読むread more